失敗しないために!設計事務所に住宅の設計を依頼するときに役立つ雑学を紹介!

このサイトでは、設計事務所に住宅の設計を依頼するときに役立つ雑学を紹介していきます。
メリットばかりが取り上げられることがある方法ですが、人によってはデメリットになることもあるので注意が必要です。
ここでは、わかりやすく良い点だけでなく欠点についても触れていきます。
設計のプロである設計士に頼むことに憧れている人も多いかもしれませんが、起こりえるトラブルを知っておくと自分に合った建築の方法が見つかります。

失敗しないために!設計事務所に住宅の設計を依頼するときに役立つ雑学を紹介!

住宅を設計事務所に依頼してみたいと考えている人は、おしゃれな住宅を建てたい方や個性を出したい方に多いです。
設計事務所というと、高額になってしまうイメージがありますが確かにハウスメーカーや工務店に直接依頼する場合に比べて設計料が高めになっていることがあります。
安くしたい場合には、予算を伝えればその中でやってくれるところもありますので事前に払える金額を伝えてその範囲内で設計してもらえるかを確認しておくとよいでしょう。

住宅設計を依頼する設計事務所の選び方

住宅設計にはハウスメーカーや工務店などに依頼する方法以外に、設計事務所に依頼する方法もあります。
特殊な事情を考慮した思い通りの家作りをしたい人や家づくりに特別なこだわりのある人に向いていますが、設計事務所の選び方にはいくつかのポイントがあります。
設計事務所の選び方で一番大切なのは、実際に設計を行う建築家との相性です。
住宅設計を設計事務所に依頼すると、家が完成するまでの間に何度も打ち合わせをすることになり、建築家とも顔を合わせます。
そのため、建築家が自分にとって意見を伝えやすい人か、依頼主の立場に立って設計をしてくれる人か、話しやすい人かといった点を確認しておくことが大切です。
また、これまでに建築家が手掛けてきた住宅設計などの実績を見て、自分が好きなデザインや作風を実現してくれるかどうかを見極めておくことも重要なポイントになります。
依頼をする前には必ず建築家本人と会って、直接話をしてから最終決定をするよいでしょう。

設計事務所に住宅の設計を依頼したときの費用相場

注文住宅の依頼先と聞くと、工務店やハウスメーカーの2種類をイメージされる人は多いのではないでしょうか。
しかし、依頼先は工務店とハウスメーカーだけではなく、設計事務所も依頼先の一つとして注目を集めています。
提案力に優れていることやデザインおよび住み心を重用したい、このようなことを伝えれば設計事務所ならその希望を叶えてくれますし設計と施工管理が主な役割になるので施工そのものは地元の工務店に発注する形になる、これによりコストは直接工務店に発注するときより高くなりがちです。
設計士の相性が良いことや過去の事例を見たときに満足できる、そして施主の要望をしっかり耳を傾け取り入れてくれるなどの設計事務所を利用することで他に依頼するよりも満足できる家づくりが実現します。
一般的に、設計事務所に依頼する場合の相場は、費用のおよそ10%~15%で、1,000万円あたり100万円から150万円程度の設計費用がかかります。

設計事務所で住宅を建てるときの具体的なスケジュール

設計事務所で住宅を建てるためにかかる期間は、ハウスメーカーと比較すると長くなるのが一般的です。
具体的なスケジュールは基本設計から始まり実施設計、見積り調整、契約と進み次の段階で工事にかかりますが、このなかの基本設計と実施設計に時間を要します。
基本設計はオーナーとの意見の摺り合わせで計画する建築プランのことですが、設計事務所が手がける家は完全な注文住宅なので、オーナーの希望を反映させた住宅を建てるための最も大切なプロセスと言えます。
次に実施設計ですが、基本設計で立てたプランを工事用の図面に落とし込む過程です。
同時に細かな作りや材料、色、設備などを決めます。
図面が決まったらようやく工事を請負う工務店を決めます。
複数の工務店に見積りを依頼し予算内に納めるよう調整して、設計事務所と相談して最適な工務店を選びます。
次に工事着工です。
工事期間は建物の大きさや仕様でちがいますが、平均して6か月ほどで、その間、設計事務所は進行状況や施工状況の確認を行ないます。
そして工事が完了したら完了検査を行い引き渡しです。

住宅建築で果たす設計事務所の役割

住宅には様々なタイプがあり、あらかじめ基本的な設計に基づいて住宅を建築しこれを販売する分譲住宅のほか、施主の意見を取り入れて設計を行う注文住宅などがあります。
しかしどの住宅でも基本的な設計を行っているのは設計事務所であり、基本的には建築設計士の資格を持つ設計者が様々な要素を踏まえて設計を行っているものとなっているのが特徴です。
住宅には建築基準法やその他の様々な法律が適用され、耐震構造やその他の条件を満足していることが必要です。
この基本的な構造の設計は資格を持った設計士が存在する設計事務所でなければ行うことができず、またこれらの条件を満足していなければ販売することができないことになっています。
そのため住宅建築では設計事務所は安全に生活することができる住宅を作る上で重要な役割を担っており、住宅メーカーや工務店だけでは家を建てる事はできないものとなっているのが実態です。
特に分譲住宅等ではあまりその存在を意識する事はありませんが、設計事務所は重要な役割を担っている存在となっています。

設計事務所に関する情報サイト
設計事務所に依頼するときに役立つ雑学

このサイトでは、設計事務所に住宅の設計を依頼するときに役立つ雑学を紹介していきます。メリットばかりが取り上げられることがある方法ですが、人によってはデメリットになることもあるので注意が必要です。ここでは、わかりやすく良い点だけでなく欠点についても触れていきます。設計のプロである設計士に頼むことに憧れている人も多いかもしれませんが、起こりえるトラブルを知っておくと自分に合った建築の方法が見つかります。

Search